PeptiStar held a completion ceremony of its headquarter plant
本社工場の竣工式を執り行いました

PeptiStar Inc. (Headquarter: Osaka, Settsu, herein PS) announced today that PS held a completion ceremony on 10th July, with many guests representing Osaka prefecture, Settsu city, customers, shareholders, constructors, and so on.
The construction of HQ R&D building was completed in last April, and the operation of HQ R&D building started in last May. And now, the construction of Manufacturing building 1&2 has been completed, and PS will conduct validation works etc. in order to start operation for its first product planned in this early October.
Manufacturing building 1&2 can cover wide array of technologies and methodologies including SPPS and LPPS, and have one of the largest facilities for microwave synthesis, purification, and lyophilization in the peptide industry.
PS strives to develop robust synthetic processes and supply high quality peptide APIs over a wide range of stages from drug discovery to commercial production.

ペプチスター株式会社(本社:大阪府摂津市)は、大阪府摂津市に建設していた本社工場の完成にあたり、大阪府、摂津市、顧客、株主、建築主等からのご来賓ご出席のもと、本日7月10日(水)に竣工式を執り行いましたのでお知らせいたします。
本社研究棟は本年4月の完成後、5月より稼働を開始しております。今般cGMP製造を行う製造棟が完成し、本年10月初旬に予定する第一号製造品の製造開始に向け、バリデーション業務等を実施致します。
製造棟1及び2は、固相法・液相法等の幅広い製法に対応し、またペプチド製造においては世界最大級となる、マイクロ波反応装置、精製・凍結乾燥設備を保有致します。
創薬ステージから商用ステージまで幅広いペプチド原薬に対して、競争力ある製法の開発、高品質な原薬製造を行って参ります。

ペプチスター全景
ペプチスター全景

本社研究棟_研究オフィス
本社研究棟_研究オフィス

本社研究棟_研究室
本社研究棟_研究室